男女の画像

m字のAGAに薬を使用

AGAは男性型脱毛症のことです。男性型ということで男性によく見られる薄毛の症状であり、前髪の生え際がm字に薄くなってくるという症状が現れることがあります。
このようなm字のAGAの原因としては男性ホルモンの影響や生活環境の変化があるといわれています。男性ホルモンの影響によって頭皮の皮脂が過剰に分泌されてしまうことでそれが抜け毛の原因となっているのです。皮脂が過剰に分泌されてしまい毛根の奥にある細胞の働きを邪魔してしまい髪の毛を成長を止めてしまうのです。
髪の毛は成長するヘアサイクルというものがあります。これは髪の毛が成長をしているあいだ伸びているということになりますが、やがて髪の毛の成長がとまり、次の髪の毛が生えてくることで抜けかわるというサイクルなのです。
しかし男性ホルモンなどの影響により皮脂が過剰に分泌されてしまい毛根の細胞の働きが邪魔されてしまうことでヘアサイクルが乱れてしまうのです。ヘアサイクルが乱れてしまうと通常4年から6年あるものが短くなってしまい、2年から3年となり、早く抜けてしまうということになります。
これまで4年から6年かけて成長していた髪の毛がその半分程度の期間で抜けてしまうということで、髪の毛が抜ける本数のほうが多くなってしまうのです。
このようなAGAは皮脂が多く分泌される場所によく見られることから、前髪の生え際がm字に後退してくるような症状となるのです。
このようなAGAには薬による治療方法があります。ポイントは早めに治療を行うということです。乱れたヘアサイクルを正常にすることでまた髪の毛は生えてくるようになります。
AGAの治療は髪のヘアサイクルを考えても時間がかかることになります。薬は継続的に使用することが必要です。