男女の画像

AGAの治療薬品としてスピロノラクトンは利用可能

AGAは、男性型脱毛症のことで、思春期以降ひたいの生え際や頭頂部の髪が薄くなってゆく事です。
その原因は、男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素と言う酵素によって、ジヒドロテストステロン(DHT)にかわり、このDHTが、ヘアサイクルの成長期を短くするからです。
5α還元酵素を抑えて、DHTを作り出せないようにするフィナステリドが日本でも2005年に処方箋薬として発売を許可され、AGAの治療に広く、用いられています。
又外用薬として降圧剤として開発されたミノキシジルを外用が効果がありますので、ミノキシジルはAGA治療薬品として広く使われています。
その他AGAに効果があるのではないかと考えられている薬品にスピロノラクトンがあります。
スピロノラクトンは、副腎皮質球状層(一番外側)で作られるアルドステロンと言うホルモンの働きを阻害して、利尿薬として使われてきた薬品です。(アルドステロンは、体内に水分をためる作用があります)
スピロノラクトンのは副作用として女性ホルモン作用があります。利尿剤として使う場合は、副作用となりますが、AGAの治療薬としては効果があるのではないかと考えた人がいます。
フィナステリドがDHTの生成を阻害してAGAに効果があるのに対してスピロノラクトンはDHTが、毛包に結合するのを防ぐ作用がある事を利用して脱毛を阻止します。
この作用により、AGAに効果があったと言う報告もありますが、スピロノラクトンは、女性ホルモンの作用を利用して薄毛の治療をおこないますので、ホルモンバランスの乱れが出て来る副作用があります。したがってまだ、スピロノラクトンは、AGAの治療薬として、認められていません。
報告によれば、内服は副作用が強いのですが、外用では副作用は少ないと言われています。