男女の画像

AGAによる薄毛や抜毛の最新治療

AGAは、遺伝や男性ホルモンが主な原因ですが、それ以外にも、食生活やストレス、喫煙、飲酒などさまざま要因が複雑に関係して、薄毛や抜毛が進行する病気です。
AGAによる薄毛や抜毛のメカニズムは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化してしまうことで発症します。
そのため男性ホルモンが多いからはげるのではなく、男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されてしまうことで、薄毛が進行します。
テストステロンがジヒドロテストステロンに変わる原因は、5αリダクターゼという酵素が関係しています。
5αリダクターゼは、毛根近くの皮脂腺から分泌される酵素で、この酵素がテストステロンをジヒドロテストステロンへと変換させてしまいます。
ジヒドロテストステロンは、毛母細胞に栄養を届ける必要はないと判断させてしまうため、髪への栄養が止まってしまい、丈夫な毛が生える前に早く抜け落ちてしまいます。

AGA対策には、5αリダクターゼを制御することが鍵となります。
男性ホルモンの量に限らず、5αリダクターゼさえ制御することができれば、ジヒドロテストステロンの生成は制御することができます。
そのため、AGA専門のクリニックでは、症状や原因にもっとも適した薄毛治療を行うため、市販の育毛剤などでは改善できなかった人でも、発毛を実感することができます。
一般的な治療法には、内服薬や外用薬が処方され、軽度な薄毛の場合には、数ヶ月で発毛を実感することができます。ただすでに完全に頭皮が露出してしまっているような場合には、産毛を生やしてから、その毛を丈夫にしていくため、時間がかかってしまいます。
最新の薄毛治療であるメソセラピーは、医療薬を直接頭皮に注射して、成分を浸透させるため、短期間で効果を実感することができます。