男女の画像

カップめん生活をしてAGA悩みを抱えている人は注意

あまり意識している人は少ないかもしれませんが、実は食生活とAGAの発症には深い関係があります。

特に、普段からカップめんが好きで常食している人は、知らないうちにAGAが進行することも考えられますので注意が必要です。

どんなことにも言えることですが、髪の毛は自分の食べたものを栄養にして生えてきますので、できることなら日頃から髪の良い食べ物を意識して食べていくことが大切になっていきます。

一回や二回カップめんを食べたからといってすぐに抜け毛や薄毛がひどくなるわけではありませんが、カップめんには非常に多くの塩分が含まれており、塩分の取り過ぎは高血圧につながります。

塩分の取り過ぎによって高血圧になることで毛細血管の血行が悪くなり、髪の隅々まで血液が行き渡りづらくなってしまいます。

髪に必要な栄養素や酸素などは血液によって運ばれますので、高血圧になるということは髪の発育にも影響するということなのです。

特に、最近食生活のせいで抜け毛や薄毛がひどくなってきたと悩みを抱えている人は注意が必要といえます。

時々カップ麺を食べるのは問題ないですが、毎回の食事で塩分方になっているとAGAが徐々に進行してくることが考えられますので、意識して過ごすことが必要となってきます。

髪に良い食べ物は、髪のもととなる良質なたんぱく質を含む納豆や豆腐を始めとする大豆食品や、髪の毛の健康に欠かせないビタミンAを多く含む緑黄色野菜、髪の毛を作るアミノ酸の結合に重要な役割であるビタミンB6を含むマグロやカツオ、青魚なども良いでしょう。

牡蠣やイワシなどに含まれる亜鉛も、育毛ミネラルと呼ばれるほど良い髪を作るのに大切な栄養素ですので、積極的に摂取していくのが良いといえます。

なるべく塩分を控えめにして、毎日の食生活の中で心掛けて食べていくことをおすすめします。